麻酔って本当に分からないものなのね


定期健診でむし歯が見つかり、歯医者へ治療に行ってきました。
なんでも以前治療したところの隙間からまた出来たみたいで・・。
歯磨きの仕方が悪いとかではなく、歯に被せる詰め物の耐久性みたいな話をされました。

どう慰められても、憂鬱なものは憂鬱ですよね。
おまけに今日はちびっ子が泣き叫んでいて、それを聞いて私の緊張もマックスでした。
治療前に心拍数絶対上がったはず。

初めて麻酔をかけてもらったのですが、何をされても全く分からないものなんですね。
治療している振動はあるのですが、痛みがない(当たり前か)ので不思議なかんじでした。
でも唇の感覚もなかったので、うがいのときちょっと水こぼしちゃった。
ごめんなさーい。

2時間ほど痺れる感覚ですと言われ、ごはんも食べれず家でぼーっとしてました。
今日分かったのは、麻酔って痛みが分からないんだ、ということと、
唇にも感覚があるんだということ。
何だか腫れてるような感覚があるのに、鏡で見ても何ともないし、でも水はこぼすし。
無駄に鏡で顔を見てしまいました。
テレビでも見てればいいんだろうけど、気になって集中できないんですよ。

早く麻酔が切れてくれないかな。
おなかが空いて堪らない。
治療予約は昼前に取るものではない、ということも学びました。