ゆっくんのブログ

車の停め方に見るドイツと日本の考え方の違い



日本とドイツにおける駐車場の風景は丸っきり逆な感じになっています。

例えばスーパーなどの駐車場を想像していただくと分かると思いますが、
日本の場合ほとんどの車がバックで駐車されています。

一方でドイツの場合はその逆でほとんどの車が前向きで駐車されています。
これにはしっかりとした理由が存在しています。

日本の場合は出るときに出やすいようにバックで停めているのですが、
ドイツの場合はその逆です。

まず出るときは広い所に向かって移動するのだからバックで出ても問題がなく
むしろ狭い所へ向かって行く方が難しいのだから前向きで進んで行った方が
良い
と考えを持っており、さらにバックで停めてしまうと荷物を積む時に
周りの車が邪魔になってしまうという理由からドイツでは前向きで駐車することが
好まれているのです。

私はこの話を聞くまで、バックで停めることがベストな方法だと考えていました。
理由は勿論出るときに出やすいからです。

ですがこの話を知った時、確かに場所にもよりますがスーパーの駐車場などであれば
別にバックで出ても問題はないなと考えるようなりました。
これ以降は自分が当たり前だと思ってやり方についても、
改めてベストなのかどうかを考えてみるようになりました。

買った食品のカロリーをすべて記録



 私が最近ハマっていることは、何と言っても買った食品のカロリーを
すべて記録しておくことに他なりません。


 大げさに言えばレコーディングダイエットということになるかもしれませんが、
そこまで私は今ダイエットしたいというわけではなく、どちらかというと
健康管理を目的としてやり始めたものです。
そうして、食品のカロリーをすべて記録していると、
いろいろなことがわかるのでとてもおもしろいです。


 それは、お惣菜のコロッケが意外と低カロリーだったことに気付いたり、
納豆のカロリーが高いということに気付いたり、
普段は気にかけていなかったインスタントみそ汁のカロリーがどれくいあるのか
ということがわかったりなどです。

そうして、カロリーについて気を配ることで、
買い物をするときにどれくらいのカロリーになるのか?
ということを考えながら買い物をするようになりました。

 そうすると、だいたい1食のカロリーを想定しながら買い物をしますので、
よりヘルシーな食事をすることができるようになりました。
カロリーをすべて記録していると、毎日新たな発見があり、それがとても楽しいので、
これからも買った食品のカロリーは余すところなく記録をしていきたいと私は思っています。